MENU CLOSE

その他の製品

歯科技工物作製以外に行っている製品のご紹介

インプラント埋入プランニング&サージカルガイド

専用ソフトウェアを用いてインプラント埋入の術前診断をデジタルにて行っています。

少数歯欠損に限りますが、口腔内スキャナのデータもしくは模型をスキャンしたデータとCTデータを重ね合わせることで、理想的な歯冠形態をデザインし、軟組織を意識した診断が可能となります。

術前診断の結果からサージカルガイドをデザイン、作製できることはもちろん、ここでの歯冠形態を最終補綴物に反映させることも可能です。

お送りいただいたCTデータと口腔内スキャンデータ(もしくは模型をスキャンしたデータ)から補綴物のデザインやインプラントの仮置きなどの事前準備を行い、先生方にはインターネットを通じて遠隔で術前診断ソフトを操作していただき、診断を確定いただきます。

術前診断では、実物と同じ大きさのインプラントを配置することで最適なインプラント径や長さを直感的に選択でき、サージカルガイドを利用することでより安全に補綴主導の位置にインプラント埋入を行うことができます。

顎骨造形

様々な理由から顎骨へ外科的な処置が必要な場合に、固定用プレートを事前に準備する目的や、外科処置のシミュレーションのため、顎骨を立体的に再現することが求められることがあります。

最近では撮影範囲の広い歯科用CTがありますので眼窩から下顎骨全体までの範囲を必要に応じて3Dプリンタで造形し、ご提供しています。

材料はレジンですので、実際に切断したり削ったりもできますし、患者様への説明用など、利用方法は様々です。

もちろん上下顎骨を分割して造形もできますが、CT撮影時には開口状態で撮影していただくことや、やはり金属のアーチファクトの影響が大きいことなど、事前にご理解いただきたい事項もございますので初めてご依頼の際にはぜひ一度ご相談ください。

歯牙造形

様々な理由から自家歯牙移植する場合、移植歯を抜歯し歯根の形状を確認してから、埋入できるように欠損部の歯槽骨を削ったりして調整を行いますが、予後を考えると抜歯後すぐに移植・固定を行うことが理想だと言われています。

そこでCTデータから移植歯のみを抽出し、3Dプリンタで造形することで、抜歯前に移植先の歯槽骨の調整を行い、抜歯後迅速に移植・固定を行うことが可能となります。

CTから歯牙データのみ抽出し造形

サービスや取り組み

ご提供しているサービスや取り組みについてのご紹介

舌側矯正装置

3M Incognito

当社では2012年8月より3M ESPE株式会社(現 スリーエム ジャパン株式会社)とのパートナー事業のひとつとして、同社が手がけるインコグニト™アプライアンスシステム(舌側矯正装置)の日本における中間委託業務を請け負っております。

インコグニト™という矯正装置の特徴としては、
⒈ 舌側装着式の矯正装置なので、見えにくい
⒉ ブラケットが金合金製である
⒊ カスタムメイドのブラケットなので、歯面にフィットし、薄いため違和感も少ない

 

詳しくは下記のリンクもご参照ください。

インコグニトWeb
http://www.incognito-web.com/index.html

3M™ Unitek™ インコグニト™アプライアンスシステム
https://www.3mcompany.jp/3M/ja_JP/orthodontics-jp/resources/order/incognito/

3Dプリンティング模型

3Dプリンティング模型用箱

歯科医院において口腔内スキャナで採得された患者様の口腔内データは、これまでの印象(歯の型取り)から補綴物(差し歯)作製とは扱いが少し異なります。

 

通常は印象採得で得られた「歯型」に石膏を流し込んで模型を作製し、それに合わせて補綴物を作製しているわけですが、口腔内データの場合は3Dプリンタで模型造形を行い、作業用模型としています。

 

そのまま患者様にお渡しできるよう、ちょっとした箱に入れて3Dプリンティング模型を納品しております。

データ保管サービス
STLストレージサービス

  • 模型の保管場所に困っている
  • 必要な模型を探し出すのに苦労する
  • 被災時の破損や紛失などが心配

模型をSTLデータとして保管すれば、様々な懸念から解放されます!

詳しくはコチラ

品質管理カード

品質管理カード

歯科技工物等納品の際に、品質管理カードを同封しております。

弊社では顧客情報から補綴内容、使用材料のロット番号までコンピューターで管理しておりますので、こちらのカードの情報をお伝えいただければ、確認を取らせていただいた後、すぐに前述の情報を開示することが可能です。