MENU CLOSE

歯科技工物

ほとんどの技工物を歯科用CAD/CAMを用いて作製しています

ジルコニア

当社は3M Lava™️ジルコニアのミリングセンターとしてジルコニアの薬事承認が降りた当初に開業しており、その後完成歯科技工物のご依頼をいただくようになってもメタルフリー、ジルコニア中心の歯科技工物をご提供して参りました。

 

当時から現在に至るまで蓄積された歯科用ジルコニアに関するノウハウにより、特にフィットやマージン部の仕上げには高い評価をいただいております。

 

クラウン、ブリッジ、インレー、インプラント等の様々な歯科技工物をジルコニアで作製しており、昨今の高透過性マテリアルの登場により、全ての部位でフルジルコニア(ステイニング仕上げ)の歯科技工物にご満足をいただいております。

 

もちろん審美領域で自然感のより高い歯科技工物をお求めの際は、レイヤリング(ポーセレン築盛)仕上げにて、より高い審美性と強度を併せ持った歯科技工物をご提供しております。

インプラント

インプラントをメインとした歯科技工所出身の者も多く、いち早く歯科用CAD/CAMを用いたインプラント技工に携わってまいりました。

 

アバットメントは様々な理由からチタンを選択することがほとんどで、スクリューリテインタイプにおいてもインプラントと接触する部分はチタンのベースを利用し、ジルコニアによるインプラント技工物を作製しております。

 

歯科用CAD/CAMの進歩は特にインプラント技工において有利に働いており、フルジルコニアによる審美性と強度(チッピングの恐れが極力少ない)、スクリューリテインの利点を併せた歯科技工物が精巧に作製できるようになっています。

 

ノーベルバイオケア、ストローマン、バイオメット3iをはじめとした国内外問わず様々なインプラントメーカーに対応しております。

ただご存知の通りインプラントシステムによりご案内が変わる場合がございますので初めての場合はぜひ一度ご相談ください。

口腔内スキャナーによる補綴治療

歯科用CAD/CAMによる補綴デザインの真価は、口腔内スキャナーとの組み合わせにより発揮されます。

デジタルの恩恵を最大限に活用し、チェアタイムの短縮を実現します。

 

専用ページを設けておりますので一度ご確認ください。

口腔内スキャナデータから補綴デザイン

支台歯形成時のお願い

歯科技工物は全て歯科用CAD/CAMを用いた作製になりますので、CAD/CAM用支台歯形成の特徴をご紹介いたします

前歯部クラウンの場合
  • 切端は1.5~2.0mm
  • 唇側面と舌側面は1.0~1.5mm
  • 切端の線角部分は、丸みを与えます
  • マージンはラウンドショルダーもしくはディープシャンファーで、なるべく高低差を少なく
Incisal Preparation
臼歯部クラウンの場合
  • 咬合面は1.5~2.0mm
  • 軸面は1.0~2.0mm
  • 咬合面と軸面との線角部分は、丸みを与えます
  • マージンはラウンドショルダーもしくはディープシャンファーで、なるべく高低差を少なく
Molar Preparation
共通の注意点
  • マージン付近から切端にかけて6〜10°程度のテーパーをもたせてください
  • 咬合面と軸面に鋭利な角やアンダーカットが無いようにしてください
  • ジャンプマージン、ナイフエッジマージンは適しません
  • 小さなグルーブやホールは逆に不適合の原因となることがありますので付与しないでください
Caution Prep

ご依頼時の送付物

歯科医院から歯科技工物完成品をご依頼の場合

 

  • 歯科技工指示書
  • 印象体
  • 対合歯(もしくは印象体)
  • シリコンバイト

 

必要に応じて

  • スタディモデル
  • インプラントパーツ
  • シェード写真

院内技工室や一般技工所からデザインのみ、加工のみなど一部工程のご依頼の場合

 

  • 歯科技工指示書
  • 作業模型(もしくは支台歯のみ)
  • ワックスアップ

 

必要に応じて

  • スタディモデル
  • 対合歯

 

※咬合器とのマウントがスプリットキャスト等でなく、プレートから咬合平面までの高さが高すぎる場合、スキャナにセット出来ないため、マウントを外させていただく場合がございますのでご注意ください。

 

データ送りでご依頼の場合はSTLデータと指示内容をddoコネクトからお送りください

納品までの流れ

歯科技工物を完成まででご発注される場合

発送・打ち合わせ

症例についてのご相談、技術料金のお見積りの場合はお電話かフォームからお問い合わせください。

ご発注の際は、印象体や対合模型、シリコンバイト、歯科技工指示書など必要なものを梱包しお送りください。

内容によっては作業前に打ち合わせのご連絡をさせていただくことがございます。

 

06-6192-0011

歯科技工物作製

ご指示の内容で歯科技工物の作製に入ります。

技工指示書はダウンロードページからダウンロード・印刷してお使いいただくか、初回は必要事項さえ記載していただければどのような書式でも構いません。(歯科技工物納品時に当社指定の技工指示書をご提供します)

基本的な納期は以下の通りです。(完成技工物の場合)

ジルコニア補綴

  • クラウン ステイニング 〜3歯・・・・・中7日(4歯以上:プラス1日)
  • クラウン レイヤリング 〜3歯・・・・・中8日(4歯以上:プラス1日)
  • インレー ・・・・・中5日(4歯以上:プラス1日)
  • インプラント スクリューリテインタイプ ステイニング 〜3歯・・・・・中8日
    (4歯以上:別途ご相談)
  • インプラント セメンティングタイプ ステイニング 〜3歯・・・・・中10日
    (4歯以上:別途ご相談)

 

その他

  • プロビジョナルクラウン(インプラント&天然歯支台) 〜6歯・・・・・中7日
    (7歯以上:プラス1日)
  • CAD/CAM冠・・・・・中4日

納品予定日を日付で表示した納期表や、ジルコニアフレームワークのみのご依頼(院内ラボや外注ラボからのご依頼 [模型送り/データ送り])に関する納期表はダウンロードページからご確認いただけます。

完成・納品

作製物完成後、印象体などのお預かり品と併せてお送りいたします。

大阪からの発送になりますので、配達までの日数はそれぞれの配送業社により異なりますが、概ね1〜2営業日となります。(天候などによる交通事情の乱れがあった場合はその限りではありません)

納品後の歯科技工物の保証については料金表をご確認いただくか、お問い合わせください。

資料請求、お問い合わせは下記からお送りください

Lava™️フレームの保証

当社で作製した歯科技工物の保証や再作製時の免責などについて

5年保証

5年以内に破折したLava™フレームは、以下の要件を満たしている場合に限り保証により再製いたします。(上部ポーセレンの破折は保証外ですのでご了承下さい。)

  1. 適応症例であること。 ※リスクが高い場合は、事前にお知らせいたします。
  2. フレームの調整は、注水下あるいは冷却しながら行っていること。 ※高温で研磨、研削しますとマイクロクラックが発生することがあります。
  3. 破折したフレームと引き替えにできること。 ※今後の製品開発の為、破折片から原因を特定します。

保証の対象外

  1. 口腔外で破折した場合
  2. 禁忌症であった場合(主に支台歯形成不備)
  3. 上部ポーセレンの破折が原因である場合
  4. 模型上で適合していたが、口腔内で適合しなかった場合
  5. 適切な印象材、石膏、セメントを使用しなかった場合
  6. 上部ポーセレンのチッピングや破折

通常の症例における破折のご心配はございませんが、特殊な症例においては、予めミリングセンターにお問い合わせ下さい。