デジタルデンティストリーとともに進化する歯科技工所

企業理念

品質方針

当社は、アカウントである歯科医院及び大学病院、総合病院の歯科の治療が円滑に行えるよう十分に管理を行い、高い品質、環境を考えた歯科技工物並びに情報を提供し、顧客満足度の向上を目指します。

  • 歯科業界内における最新知識、技術をいち早く取り入れ、品質と環境を考えたサービスを提供します。
  • スタッフに対し技術ミーティングでの教育や講演会参加などを推進し、歯科技工の技術を向上させ、より良い品質の歯科技工物を提供するとともに、幹部及びスタッフによる歯科業界での講演を通し、品質及び環境の啓蒙活動を歯科医師、歯科技工士及び患者さんに積極的に行います。
  • 社内におけるIT(CAD/CAM)をこれまで以上に促進させ、アカウントとの迅速かつ正確な情報の伝達はもとより、品質の安定化、時間の効率化、労力の削減化、また消耗材料の削減に努め、著しい環境影響及びその改善を環境目標に反映させるように致します。
  • コンピューターソフトウェアを使用し、アカウントに対して的確な支援を出来るよう努めます。

 

環境方針

環境問題が人類共通の最重要課題であることを認識し、地球環境とアカウントの皆様双方の利益となるように、サービスの質の向上と環境負荷の軽減を図るための継続的な改善の努力を行い、環境汚染の予防に努め、地球と人にやさしい歯科技工を目指します。

  • 歯科技工サービス活動における省資源、省エネルギーに努めます。
  • 歯科技工に関する法規制及び教育訓練の実施、ハイブリッドカーの使用、エコ商品の使用の要請を遵守します。
  • 全スタッフに対して、環境方針の理解と環境保全に対する意識向上に努めます。
  • 新しくCAD/CAMを導入することにより環境の改善を行い、消耗材料の削減に努め、それをホームページなどでアピールすることにより地球にやさしい歯科技工の啓蒙活動を行います。また全国の歯科技工学校の学生に新しい歯科技工技術の講演を行うことを通して環境に対する意識を高めます。

 

品質・環境目標

品質・環境改善を行うため、下記の目標を達成すべく努力いたします。

    • 年2回のアカウント満足度の調査・分析および改善案の策定しアカウントの満足度向上に役立てる。
    • CAD/CAMの設備を増やして、消耗材料を節減する。
    • 低公害車購入を検討する。
    • 大阪府顕彰事業(大阪フロンティア賞)に応募し品質・環境に対する取り組みを発表し、歯科技工に対する認識を高める。
    • 全国の歯科技工士学校を年12ヶ所訪問し、学生対象に環境の講義を開催。
    • 全国の歯科技工学校の当社見学を7校受入し、環境に対しての講義を行う。
    • エコマーク商品を積極的に購入し、環境に対する取り組みを積極的に実施する。
    • シュレッダー屑他を梱包用材料として使用すると共に、アカウントにアピールする。

 

環境報告書

2006年、当社は歯科技工所として考えられる環境へ影響をアカウントの先生方のみならず患者様にお伝えして行くために、歯科技工所環境システムの構築を目指す。

 

平成18年2月10日
株式会社デンタルデジタルオペレーション

お気軽にお問い合わせください TEL 06‐6192‐0011

PAGETOP